カジノルーレットゲームで使用できるココモ法について紹介(改良版も)

カジノゲームで使用される攻略法の中にはココモ法と呼ばれるものがあります。
ココモ法は、手順が複雑ではない上、勝率も高いので、カジノ初心者の方におすすめの必勝法で、大きな確率で勝利を期待できます。
ランドカジノやオンラインカジノでも使用できる攻略方法となります。

今回は、ココモ法の改良版について紹介させていただきます。

ココモ法とは

カジノゲームの勝率が高まる期待ができるココモ法の改良版。
ココモ法の実行手順には「配当が3倍の箇所に賭け(ベット)するという条件がありますので、勝率は3分の1となるので、連敗が多くなる攻略法。

1st12 2rd12 3rd12の枠にベットします。

連敗が必然的に多くなる手法で、15連敗以上は普通にありえることと言えます。
ちなみに1ドルを1度のルーレットゲームでかけた場合、17連敗してしまうと1000ドルほどの大金となってしまいます。

負けないココモ法(改良版)

あたり枠を絞る

1st12 2rd12 3rd12の枠に、連続で3度同じ枠が出た場合、次の4回目のルーレットゲームでは、当たっていない別の枠が当たる確率が高いと言えるので、残りの2つの枠に賭ける(ベトする)と勝率を高めることができます。

ベット額(賭け金)を調整する

ココモ法のベット額(賭け金)は、「前回と前々回に賭けた金額」というルールがあります。
ですので、1ドルで5回ルーレットゲームを楽しむとなると、
1回目 1
2回目 1
3回目 2
4回目 3
5回目 5
となります。

このベット方法を少しだけ以下のように改良します。

1回目 1
2回目 1
3回目 1
4回目 2
5回目 3

この方法であれば、はじめに2回負けてしまった状態でも、3回目に勝利することで利益がマイナスではなくなります。
何かと連敗が続くことが多いココモ法なので、少しでも連敗を減らして勝ちたいと考える場合に実行したい攻略法です。

配当金を増やす

上記で説明した2つの改良版ココモ法は、配当金は少ないですが、負けるリスクが低いものとなります。ここで説明する攻略方法は、勝利した時の配当金を増やす方法となります。
ルーレットゲームで稼ぎたいと考える方におすすめです。

ベットする箇所を増やす

単純にココモ法で賭ける(ベットする)箇所を増やすというものです。
負ければ、支払う金額は多くなりますが、勝地やすくなります。

初めのベット額(賭け金)を変更する

ココモ法をしようする際の初回のルーレットゲームの賭け金(ベット額)の金額を高めるだけで勝利した際の配当金を大きく増やすことができます。

ただし、この2つの配当金を増やす方法は、軍資金がたくさん必要となってくる上、ゲームのベット額(賭け金)の上限も確認する必要があります。

まとめ

カジノのルーレットゲームで使用される有名な攻略法「ココモ法」について紹介させていただきました。誰にでも実行可能な攻略法ですので、ぜひみなさん一度お試しください!
最後に、改良版ココモ法を試すことができる日本でも人気のオンラインカジノ「ベラジョンカジノ」を紹介します。
スマホで24時間自分が好きな時にプレイできるオンラインカジノです。
現在、初回登録ボーナスや初回入金額が100%ボーナスでもらうことできるお得なキャンペーンが開催されています。
ご興味ある方は、ベラジョンカジノの詳細情報を以下のリンクからご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました