カジノで使用される王道のマーチンゲール法について解説

マーチンゲール法は、今から200年ほど前の18世紀にカジノオーナーであったジョン・マーチンゲールによって作られたと言われています。18世紀というのは、ラスベガスがカジノで有名になる前で、とても昔にはみ出された手法です。
それが、現代でも使用されており、カジノゲームが好きな方は一度は聞いたことがある、または試したことがある手法ではないでしょうか?

今回は、マーチンゲール法の使い方や特徴、メリット・デメリットなど全般的に解説します。マーチンゲール法について詳しくわからない方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

マーチンゲール法とは

イントロで紹介しましたが、この手法の歴史は古く、日本だけなく世界中のカジノプレイヤーに人気です。
人気の理由は、カジノ初心者でも簡単に理解できるルールと、マーチンゲール法を試せば、自分の賭け金(資金)が少しずつ増えていくからです。

そんな便利な方法があるのか?と思われる方もいると思いますが、大半の家事のプレイヤーは複雑な手法より、シンプルで分かりやすい手法を使います。なぜなら、カジノゲームはゲームに集中するのが難しいとされているからです。ランドカジノであれば、大きな音やきらびやかな照明の中で場の雰囲気に飲まれることなくゲームに集中するには多くの経験が必要になります。ですから、カジノゲーム中はなるべくシンプルに落ち着いて、物事を進めることが大切でです。「複雑な計算をする攻略法」は頭の中で素早く計算する必要があるため、マーチンゲール法のように分かりやすい攻略法が好まれるのです。

マーチンゲール法はどのゲームで使用する?

マーチンゲール方にはいくつも種類がありますが、その全てに共通する考え方として、「自身が負けた時にベットした(賭け金)金額よりも高い金額or低い金額を賭ける」というものです。
どのようなカジノゲームで使用されるかというと、勝ち負けの確率がほぼ半分のイーブンマネーベットのゲームで使われます。具体例としては、ルーレットの「赤」・「黒」やバカラの「プレイやー・バンカー」ですね。
中には、スロットで100回遊んでフリースピンが発生しなければ、ベット額(賭け金)を2倍にするというちょっと変わったやり方を実践しているプレイヤーも存在します。

伝統的なマーチンゲール法の具体的なやり方

現在まで受け継がれている伝統的なマーチンゲール法では、負けた時のは、前回のベット額(賭け金)の2倍の金額を賭けて、勝てば次のゲームでは1番初めに賭けた時のベット額(賭け金)に戻します。

この方法を実践すれば、たとえ負けたとしても勝った時に利益を得ることができます。

ここでマーチンゲール法の具体例を紹介します。

はじめに100円を賭けてゲームをして負けました。
次のゲームでは200円賭けて負けました。
さらに次のゲームでは400円賭けて、、、、
という具合です。

ゲームに勝てば1セット終了ということで、また100円でゲームをスタートします。

このような具合に、たとえ負けが続いたとしても、勝てば利益ができるので、カジノ初心者の方は「間違いなく儲けられる方法」だと感じませんか?
マーチンゲール法を実際に利用してゲームをすると、何度も小さな儲けが発生するので、損をしていないと感じてしまいがちです。

マーチンゲール法は、必ず設けることができる必勝法ではありません。
高い確率で何度も小さな儲けを得ることができますが、その一方で小さな確率ではありますが大きく損失が出ることもあるハイリスクな手法とも言えます。

マーチンゲール法のデメリット

一見とてもシンプルで勝てそうなマーチンゲール法ですが欠点も存在します。実際に使用する前に確認すれば使いどころや注意点が分かりますよ。

長引けば不利

マーチンゲール法は、2倍の金額を勝つまで賭け続ける方法です。ですから連敗が続くと手持ちの資金(賭け金)が底をついて泣く泣くゲームから離脱しなければいけない状況になる恐れがあります。

統計的に計算すれば、確率が五分五分の対象のゲームでどちらかが9回以上続けて当たる確率は約0.1%。この確率だけ見ればなかなか起こることはない数値に見えますが、ゲームの回数に置き換えてみると、1000回に1回は起きると言えます。

したがって、マーチンゲール法を用いてゲームを1000回行うとすれば、1度は大村する可能性があるということです。
ちなみに1ドルでスタートした場合に、9回連続で負け続けると、負けた金額は512ドルとなります。はじめにかけるお金が10ドルだったら、、、100ドルだったら、、、。

マーチンゲール法を使用する場合は、自身の資金(賭け金)と相談しながらゲームを楽しむことをおすすめします。

自分のペースで使用できない

上記で説明しましたが、マーチンゲール法を続ける場合は、自身の資金(賭け金)との相談が必要となります。
しかし、カジノゲームにはそれぞれ賭け金のベット上限が決められています。この上限ベット数はゲームにより異なりますが、例えば日本人プレイヤーがたくさん楽しんでいるオンラインカジノ「ベラジョンカジノ」のルーレットゲームの場合は、ベット額の上限は1000〜4000ドルとなっています。
スタートする際のベット額にもよりますが、連続で負けるとすぐに上限ベット額に達してしまいますね。
また、バカラの場合は、上限ベット額が50000ドルとなっており、15程度までは負けてもマーチンゲール法を続けることができるのですが、その場合、続けるだけの大量の資金を所持していなければいけないので続けることができる人は限られてくるでしょう。

自分のペースでマーチンゲール法を貯めるとなると、カジノゲームのベット上限額が存在せず、自分の資金が無限にある、という夢のような条件が揃わないといけません。しかし、現実でそのような都合の良いことはありませんよね。

マーチンゲール法は使わない人が多い?稼げない?
上記で説明したデメリットが理由で、カジノゲームの経験がある程度長いプレイヤーは、マーチンゲール法を使いません。
パッと聞くと、バカラやルーレットゲームにおいて儲けを約束された素晴らしい必勝法のように思いますがルールや確率など多くの要素が関わってくるので必勝法ではないと言えます。

現実的に利用するにもそれだけの資金がない人も多い、、、というのも理由の一つに数えられます。例えば1000円でゲームを始めるとします。運が悪いことに7回連続で負けてしまった場合に、8回目のゲームをプレイする際のベット額(賭け金)は128000円!1回のゲームで100000円以上を賭ける人は少ないでしょう。
また、8回目のゲームを勝ったとしても、利益として手に入る金額は1000円となります。
「これだけ大きな賭けをしたのに、たったこれだけ」感は否めませんが、本当にこんな感じです。

ですので、実際にマーチンゲール法を使用してカジノゲームを楽しむのは非現実的だと考えるプレイヤーが多いということですね。

マーチンゲール法より人気?逆マーチンゲール法とは
マーチンゲール法のアレンジとして人気なのが逆マーチンゲール法です。
マーチンゲール法では、負けた際にベット数を2倍に増やしましたが、逆マーチンゲール法では、勝った際のベット数を2倍に増やします。
マーチンゲール法と同様に、プレイ時間が長引けば上限ベット額や自身の資金具合もあるので不利になることは変わりません。

短期集中でゲームを楽しみ、連勝したタイミングですっぱりゲームを終了すれば利益を確定することができます。

短い時間でカジノゲームを楽しみたい方におすすめの手法です。

まとめ
マーチンゲール法は、短期間のプレイ時間であれば高い確率で利益を出すことができるので、ゲームで損したくない方や初心者の方におすすめの手法です。
ゲームの上限ベット金額と自分の資金を確認して1度試してみると実際にどんな感じになるかわかると思います。
もし、自分のお金を使って試したくない方がいればおすすめしたいのがオンラインカジノです。中でも日本人が最もプレイしている有名で人気の「ベラジョンカジノ」は初回入金額の100%をボーナスとして受け取ることができるので、実質自分のお金を使わなくてもゲームを楽しむことができます。
他にも、お得なボーナスをもらうことができるキャンペーンが開催されているので、気になる方は以下のリンクから詳細情報を確認してください♪最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました